犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 13|術後8日目

チワワの愛犬やまと 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病日記です

先代犬やまと(チワワ)の犬僧帽弁閉鎖不全症の手術闘病記録です。旧ブログに綴っていた内容を改めて掲載しています。わが家の愛犬やまとは手術から2年4カ月の間、とても元気に過ごしました。結果的に別の病(脳腫瘍)により他界しましたが、その2年間は私たち家族にとってかけがえのない日々でした。同じ病に悩まれている方にとって、少しでも参考になれれば幸いです。


術後8日目

13時。主人と息子も一緒に、みんなで面会へ行きました。

受付を済ませてロビーで待っていると先生に連れられてやって来たやまと。会った瞬間びっくりするくらい、すごく元気になっていました!明らかに顔つきが変わって、足取りもしっかりと、前日とは見違えるほど元気そうです。

まだ立つと少しフラフラして、お風呂上がりに水を飛ばす時のように、何度か身体をブルっと振ったりしていたけれど、支えなしでお座りも出来るようになっていました。

面会の途中、ロビーでやまとを抱っこしていると「もしかして僧帽弁の手術をしたのですか?」と話しかけられました。その方のチワワちゃんも同じ病気で、今手術中とのこと。

やまとを見て、傷口がまだちょっと痛々しいけれど、元気になって良かったですねと、少し安心された様子でした。なんだか1週間前の自分を見ているようで、少しでも気が紛れると良いなと、入院中の様子や、退院してからのことなどを少し話したりしていました。

そしてしばらくして先生が来て、やまとのホッペをわしゃわしゃっと撫でてくださいました。可愛がってもらえてるんだなぁと、嬉しくなりました。

先生曰く、毎日床に降ろしてフラつきを見ていて、まだフラッとはするけれど、まっすぐ歩こうとして、むしろ走り出しそうな勢いだそうです。意識もはっきりしてきたようだと先生も仰っていました。

明日は1週間検診で、問題なければいよいよ退院です。退院を前にすっかり回復してくれたようでほっとしました。

▼ 次のページ

▼ はじめから読む

関連記事