著書「牛がおしえてくれたこと」(緑書房)発売のお知らせです

2024年6月13日に、緑書房より著書「牛がおしえてくれたこと」を出版することとなりました。フォト・エッセイという形で、愛らしい牛たちの写真もたくさん掲載しております。

私が牛を好きになったのは、1994年に農業高校に入学したことがきっかけです。今年の春でちょうど30年を迎えました。そんな私自身が高校時代に牛と過ごす中で経験したことや、東京都八王子市の磯沼牧場での息子の酪農体験を通して感じたことから、牛や酪農の魅力、命の尊さが伝わると良いな…と、30年分の想いを込めてつくりました。

全国の酪農家の皆さまや牛好きな皆さま、また食に興味のある方や、子育て世代、お子さん自身にも、たくさんの方に手に取っていただけたら嬉しいです。本書が「食と命」について考えるきっかけとなりますように。

『牛がおしえてくれたこと』
著・写真:高田 千鶴
判型:A5判(横)、144頁
出版社:緑書房
ISBN 978-4-89531-958-4
定価:本体2,400円(税別)
2024年6月13日書店発売予定

内容紹介(出版社より)
命の輝き、愛情や感謝の気持ち、別れの痛みーー

半生を通じて牛に携わってきた牛写真家の著者が、人生経験を重ねていくうちに気づいた「牛からおそわった、たくさんのこと」を命の煌めきに満ちた牛たちの美しい写真とともに紹介するフォトエッセイ。

経済動物である牛の世話をすることの楽しさとはかなさ、酪農を中心とした畜産業の仕事の実際、子どもたちに牛と触れ合う場を提供する酪農教育ファーム活動なども紹介し、誰にとっても普遍的なテーマである「食と命」について、考えるきっかけを与えてくれる一冊。

第1章 牛と感じる四季
第2章 牛とともに
第3章 子どもたちへ ~酪農教育ファーム~
第4章 カウボーイ・カウガールスクール
第5章 あたらしい命
第6章 心を揺さぶる
第7章 生きた証を

▼ネットでの予約も開始しています
Amazonでの予約はこちら
楽天ブックスでの予約はこちら
紀伊國屋書店での予約はこちら

また、牛との関わりも30年を迎え、その節目として9月に個展を開催いたします。

牛写真展(タイトル未定)
2024年9月6日(金)〜9月8日(日)
八王子市南大沢文化会館
東京都八王子市南大沢2丁目27番地
(京王線 南大沢駅より徒歩3分)

お時間がございましたら皆さまお誘い合わせの上、ぜひお運びいただけますと幸いです。
たくさんの方のお目にかかれますことを楽しみにしております。

2024年5月 高田千鶴

 

本書の制作にあたり、写真を掲載させていただいた皆さま、想いを寄せてくださった皆さま、励ましてくださった皆さま。関わってくださった皆さまに心よりお礼申し上げます。

同じカテゴリーの記事

  1. 保育絵本|しぜん キンダーブック「うし」写真を担当いたしました

  2. 書籍|アルパカ写真集「スマイル☆アルパカ」(那須アルパカ牧場著)撮影を担当いたしました

  3. カレンダー|ラッキー・ピッグ・カレンダー2010 撮影を担当いたしました

  4. 書籍|牛写真集「うしのひとりごと」出版いたしました

  5. カレンダー|Lucky Pig Calendar2011 こぶたとおさんぽ 撮影を担当いたしました

  6. 書籍|アルパカ写真集「もふもふはなこ」(那須アルパカ牧場著)撮影を担当いたしました