犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 06|手術が成功しました

先代犬やまとの手術闘病記録です。やまとは手術から2年4カ月の間、とても元気に過ごしました。結果的に別の病(脳腫瘍)により他界しましたが、その2年間は私たち家族にとってかけがえのない日々でした。同じ病に悩まれている方にとって、少しでも参考になれれば幸いです。

ご報告

1月27日。やまとの手術が終わりました。約5時間の大手術でした。

無事に終了して、人工心肺を外して、心臓が動き出したところだそうです。

まずはひと安心です。

本当に良かった。

ご心配くださった皆様、本当にありがとうございました。

やまともありがとう。おかえりなさい。

手術当日の詳細は次の記事に記します。

▼ 次のページ

▼ はじめから読む

関連記事

  1. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 01|手術までの経緯

  2. チワワの愛犬やまと 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病日記です

    犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 20| 手術当日に出会った仲間

  3. チワワの愛犬やまと 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病日記です

    犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 29| 1カ月経って

  4. チワワの愛犬やまと 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病日記です

    犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 30| 希望の光

  5. チワワの愛犬やまと 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病日記です

    犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 21| 術後3カ月検診

  6. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 03|腫瘍の結果は良性でした