犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 05|いぬねこ神社へ

先代の愛犬やまと(チワワ)の犬僧帽弁閉鎖不全症の手術闘病日記です。旧ブログに綴っていた内容を改めてこちらにまとめています。やまとは手術から2年4カ月で、別の病で他界しましたが、その2年間は私たち家族にとってかけがえのない日々でした。少しでもご参考になれれば幸いです。
※この記事は2014.01.25の日記を元に加筆修正しています。


いぬねこ神社へ

神奈川県座間市にある伊奴寝子(いぬねこ)社へ行ってきました。座間神社の敷地内にある、ペット専用の神社です。

やまとの手術成功を祈ってきました。

座間神社の境内で絵馬を書いていたら、参拝に来られた方が可愛いねとやまとを撫ででくれて、手術成功の祈願にきたと話したら、何度も何度も、「やまとくんなら大丈夫。」「やまとくん頑張ってね。」と言ってくださいました。

親の欲目かもしれませんが、やまとは初対面の方にも愛されるような、可愛くてお利口な、私にとっては世界一のわんこです。

こんな時だけ神頼みも情けないけれど、犬猫の神様、どうか見守っていてください。

▼ 次のページ

▼ はじめから読む

関連記事