犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 04|2度目の術前検査

先代犬やまとの手術闘病記録です。やまとは手術から2年4カ月の間、とても元気に過ごしました。結果的に別の病(脳腫瘍)により他界しましたが、その2年間は私たち家族にとってかけがえのない日々でした。同じ病に悩まれている方にとって、少しでも参考になれれば幸いです。

術前検査

2014年1月22日。前回手術する予定だった日からちょうど3カ月目の今日、再度の術前検査をしてきました。

重複する細かい検査は省略されたものの、レントゲンや心電図、血液検査などをしてもらい、鼓動や呼吸の速さや、健康状態、病気の状態も別段進行している様子もなく、予定通り来週手術することに。

本当に不安は尽きないけれど、いま現在も元気なやまとの様子を見ていたら、絶対大丈夫だと、信じて挑みたいと思います。

▼ 次のページ

▼ はじめから読む

同じカテゴリーの記事

  1. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 17|術後12日目 退院4日目

  2. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 02|手術当日 腫瘍が見つかり延期になりました

  3. チワワの愛犬やまと 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病日記です

    犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 27| 術後2年3か月 麻痺がおこり病院へ

  4. チワワの愛犬やまと 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病日記です

    犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 21| 術後3カ月検診

  5. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 09|術後3日目

  6. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 03|腫瘍の結果は良性でした