犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 12|術後7日目

チワワの愛犬やまと 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病日記です

先代犬やまと(チワワ)の犬僧帽弁閉鎖不全症の手術闘病記録です。旧ブログに綴っていた内容を改めて掲載しています。わが家の愛犬やまとは手術から2年4カ月の間、とても元気に過ごしました。結果的に別の病(脳腫瘍)により他界しましたが、その2年間は私たち家族にとってかけがえのない日々でした。同じ病に悩まれている方にとって、少しでも参考になれれば幸いです。


術後7日目

6日目は病院がお休みの為、面会はなしでした。術後の合併症は、当日から4日目くらいまでが可能性が高いそうなので、(とは言っても3カ月くらいまでは可能性が無くもないのですが・・)とりあえずひと安心ということで、退院後に備えて家でゆっくり休みました。


というわけで7日目。朝10時から面会へ。

やまとの前と後に手術した7歳のチワワのラクちゃんと、12歳のシーズーちゃん、3家族揃っての面会になりました。

ちなみに普段は手術は1日2件で、だいたい3か月先くらいの先の予約なのですが、高齢だったり症状の重い子の手術は緊急で入ることもあるようで、シーズーちゃんは1カ月前に急きょ手術が決まったそうです。手術直後もやまとと同じくぐったりしていたので心配だったけれど、すごく元気になっていてホッとしました。

それぞれ不安はあるだろうけれど、ひとまずみんな無事に手術を終えることが出来て、本当に良かった。退院も全員同じで火曜日の予定です。

▼ 次のページ

▼ はじめから読む

関連記事