犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 28| やまとが永眠しました

チワワの愛犬やまと 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病日記です

先代の愛犬やまと(チワワ)の犬僧帽弁閉鎖不全症の手術闘病日記です。旧ブログに綴っていた内容を改めてこちらにまとめています。やまとは手術から2年4カ月で、別の病で他界しましたが、その2年間は私たち家族にとってかけがえのない日々でした。少しでもご参考になれれば幸いです。
※この記事は2016.05.18の日記を元に加筆修正しています。


ご報告

5月18日。愛犬やまとの誕生日です。

本来なら、今日で14歳になる予定でしたが、5月7日、やまとは永眠しました。

連休中に突然倒れ、夜間救急病院やかかりつけ医、  JASMINE どうぶつ循環器病センター など、いくつかの病院にお世話になり、ご紹介いただいた埼玉県動物医療センターでMRIを撮ったところ脳腫瘍が見つかりました。

1週間程の入院治療で、一度は回復するだろうと言われていて、その後、摘出手術や放射線治療など考えていきましょう…という事でしたが、容態が急変し、7日の夕方、静かに息を引き取りました。今にして思えば、脳腫瘍の兆候はあったはずなのに、心臓のことばかり気にしてしまって、他の変化に気づいてあげられなかったことに関しては後悔しかありません。

14年近くも側にいて支えてくれたのに、最期の最期で何もしてあげられず、心が苦しいです。息を引き取る瞬間も、病院の面会時間外で側に居てあげられなかったことで自分を責めるばかりでした。でもやまとを譲って下さった方が、それは、わたしが悲しむ様子を見たくなくて、やまと自らが望んだことだと教えてくださいました。亡くなる前日も、面会のとき、精いっぱいの力を振り絞ってわたしの鼻を優しく舐めてくれました。わたしを安心させたかったのかもしれません。やまとは使命を持って生まれて、このあとも生まれ変わらずに、守護霊となってずっとわたしの側にいてくれるそうです。

2年前に僧帽弁閉鎖不全症の心臓手術を受けあとに同じ手術をうけた沢山の飼い主さんにやまとの元気な姿が希望の光だと言っていただきました。その光を奪ってしまったかもしれません。ですが救急病院の先生も、「やまとの心臓の手術をした先生はすごく上手だったんでしょうね」と仰っていましたし、MRIを撮ったときも、心臓の事を話すとすぐに「上地先生ですか?」とお名前が出ていました。わたしがもっと早く脳腫瘍に気づいていれば、やまとの心臓自体はまだまだ何年も元気に動いていたと思います。なので希望を持ち続けていただけたらと、皆さんのわんちゃんが健康で長生きできることを、心から願っています。


5月13日~15日に牛展というイベントを開催していまして、来てくださる方に純粋にイベントを楽しんでいただきたいと言う想いと、わたし自身、ずっと大事にしてきたイベントを、笑顔で乗り切りたいと、出来ないことをやまとのせいにしたくないとの想いから、牛展が終わるまで公表しないでいました。ご報告が遅くなり、その間ブログなども更新できずご心配をおかけして申し訳ありませんでした。牛展メンバーの皆さんには直前でバタバタして、気持ちも不安定になり、ご迷惑をおかけしましたが、たくさんフォローしていただきました。


この写真は当時ブログには載せないでいましたが、やまとの小さいころから成長を見守ってくださっている方に、やはり最期の安らかなお顔も見ていただきたいと思い、この度掲載させていただきます。

やまとが亡くなった日から、ご近所の方やお友達がたくさん会いに来てくれて、みんなやまとを想って一緒に泣いてくださいました。わたしたち家族にとってやまとはかけがえのない存在でしたし、多くの方に愛されて、幸せだったのかなと思いたいです。息子も、火葬のときは大泣きして、家族3人で声をあげて泣きました。息子なりに受け止めて、今は朝と夜にお線香をあげながら「やまとおはよう」「やまとおやすみ」と手を合わせてくれています。わたしはふと思い出しては涙してしまい、何度も何度も、息子に泣かないでと言われています。

家族がいることが支えとなり、また、日々の生活や幼稚園の用事などで何かと忙しく、必然的に外へ出ることが多いおかげで、なんとか元気で過ごせています。昨日、息子の幼稚園の父母総会で園長先生が「家にいると辛いこともたくさんあると思うけど、そんな時はぜひ園に来てください」と仰っていました。それがやまとからのメッセージのような気もしました。園へ行くといつも、優しい、素敵な仲間がいることが、励みになっています。やまとに悲しむ姿を見せないように、また息子のためにも、出来るだけ笑顔でいられたらと思います。


旧ブログにたくさんのコメントをいただきました。当時は心の余裕がなかったため、お返事もできず大変失礼いたしました。ひとつひとつ、涙ながらに拝読し、とても励みになりました。やまとを愛してくださり、気にかけてくださり本当にありがとうございました。いただいたコメントは私にとって宝物のように大切なものなので、ここにも再掲させていただきます。

キミ さま | 2016/05/18

長らくご無沙汰しております、ツィもなかなか追えずです。
やまとちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。私事ですが、先月の17日に愛犬コナンを亡くしました。悪性腫瘍であっという間に旅立ってしまいました。
お気持ちが手に取るようにわかります、受け入れるにはまだまだ時間がかかると思いますが、沢山の方々に支えられていらっしゃるとお見受けします……どうぞお身体に気をつけてお過ごし下さいね。沢山お話したいのですが、私もペットロス中で辛いです。またツィでお会い出来る日をお待ちしています。

ゆきぽん さま | 2016/05/18

ツイートからヤマちゃんの天国への旅立ちを知り涙してます。。気づいてあげられなくてご自分を責めてしまってるかも知れませんが、ヤマちゃんは心配をかけまいとしていたのかも知れません。ヤマちゃんとの素敵な日々は色あせること無く皆の心の中に生き続けます。そして、そしてお空からママ泣かないで、笑ってね(*^^*)って見届けてるはず(´;ω;`)
ヤマちゃん、今は虹の橋で幸せに過ごしているかな?
ヤマちゃんのご冥福をお祈りいたします。
同じ牛柄チワワのルイの飼い主、ゆきぽんより。

わっち さま | 2016/05/18

しばらくは涙しか出てこないことでしょう。泣けるときは泣いてください。
やまちゃんは長生きしてえらかったですね。ちづるさんたちはやれる限りやったのです。もう悔いてはいけません。ちづるさんの元で世界一、いや宇宙一幸せだったと思いますよ。今生での役割をしっかり務め上げて、次のステージに昇っていったのです。天国には先に旅立ったわんちゃんたちがやまちゃんを迎えてくれ、仲良くしてくれますから安心してください。
やまちゃんのご冥福とご一家のご健勝を心から祈っております。

ミッキ さま | 2016/05/18

やまとくんの愛らしい姿に、何度も笑顔になりました。ありがとう。

enter さま | 2016/05/19

何年も前にペットブログで友達登録をしていただきました。私はそのことを切っ掛けにブログを拝見させていただいてる一読者です。やまとのファンであります。ご冥福祈っております。

ヤマダ さま | 2016/05/19

あまりにも突然の訃報に、昨夜は涙が止まりませんでした。
我が家のニャンチも、やまと君と同じウシ柄のチワワで、いま13歳5か月です。僧房弁閉鎖不全から肺水腫で生死をさまよい、一命を取り留めてからの闘病生活は彼と私にとって本当につらいものでしたが、何か助ける手立てはないかとネット検索するうちに、やまと君の手術闘病記に出会いました。その時の感動を今も忘れません。神様が舞い降りて来てくれたようでした。手術という選択肢もあると聞いても、体重は2㌔程しかなく年齢も12歳の誕生日を目前にしていましたので、ニャンチによく似たやまと君の、元気で若々しい姿にどれほど勇気をもらったことでしょう。ほんとうに感謝!感謝!です。やまと君、ほんとうにありがとう!やまと君に出会えたお陰で、ニャンチは今日も元気で私のストーカーをしております。やまと君の分まで頑張って生きるからね。
やまと君のお母さん
どれほどお辛いか、察するに余りあり言葉も見当たりません。私自身、ペットロスに苦しんできた一人です。愛娘を見送って3年になりますが、徐々に、徐々にですが、時の流れが癒してくれるのかなー、と今は思っています。どうぞご自愛下さいませ。
JASMINEでは同じく高野先生が主治医ということもあり、一方的に親近感を持って、千鶴さんのブログを毎日チェックするのが日課となっておりました。これからも、千鶴さんのブログより、いつまでも元気で若々しいやまと君に元気をもらいながらニャンチも頑張って生きていきます。本当にありがとう。

ヒヤシンス さま | 2016/05/19

とっても悲しいです。ご家族の気持ちを思うと辛いです。涙をこらへきれません。今年もHAPPY BIRTHDAYを送ってあげたかったです。御冥福を御祈り申し上げます。

あーや さま | 2016/05/20

はじめまして。弁膜症の手術の事で、いつもブログを拝見していました。やまと君、残念です、、実は、やまと君の手術の経過を拝見して、先日JASMINEさんにて手術を受けました。家の子は残念ながら、手術中に亡くなってしまいました。いまだにまだ現実を受け入れられないままです。やまと君の様に、元気になって欲しかった。。なので、今回のやまと君の事は本当に残念です。家の子、幸汰と言いますが、向こうで一緒に遊んでもらえたら嬉しいのですが。。初めてのコメントがこの様な形で申し訳ございません。家の幸汰と向こうでよろしくお願いいたします。

惠美子 さま | 2016/05/26

千鶴さん、本当に本当にただただびっくりしました。やまとくんのご冥福をお祈り申し上げます。言葉が見つかりません。千鶴さん、どうかどうかご自分を責めないで下さいね。やまとくんは千鶴さんの愛をいっぱいいっぱい感じながらの旅立ちだったと思います。今ブログを改めて見るとやまとくんの笑顔が千鶴さんやご家族皆様がどれほど愛して止まなかったのかよく分かります。手術後のやまとくんを抱っこさせて頂きそのぬくもりとあの愛くるしい瞳を胸にいつもやまとくんを感じながら偲びたいと思っています。

千鶴さん
千鶴さん

どうか どうか ご自愛下さいませ。

住田 さま | 2017/11/27

うちもブラックタンホワイトの12才のチワワを11月12日に心臓病で亡くしました。夜になると、いつもくっついて布団に入ってきたあの子がいなくなり、寂しくてやまとおやすみなさい、と打ったらこの場面に出会い、ビックリしました。
大人な子で、腹水が溜まり、多分最後は腎不全だったと思いますが、病状重くなってからは私に近づかなくなり、遠くから優しい眼でずっと私を見つめていたあの眼がいまだ忘れられません。最後はほんのわずか数分間目を離した隙に、いつも入らない和室の隅で眠るように亡くなっていました。いつになったら楽しい思い出だけを思い出せるようになるのでしょうか。

>>住田さまへ
愛するやまとくんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。今は本当に苦しくお辛いですよね。そのお気持ちすごくすごくわかります。私もやまとが旅立った直後は、あの時こうしていれば…と、後悔ばかりでした。住田さんがやまとくんを大切に想うのと同じくらい、やまとくんも住田さんを大切に想っていたのでしょうね。心配をかけないようにとひとりで旅立った姿から、とっても深い愛情が感じられます。まだしばらくは辛いかもしれません。私も1年以上たった今でも悲しくなる瞬間は度々あります。でも、楽しい思い出を思い出して、笑える日もあります。そんな日はいつか必ずきます。泣くのは悪いことではないし、泣いて少しはスッキリすることもありますよね。でもでもやまとくんはきっと、泣いている住田さんよりも、笑っている住田さんの方が大好きだと思いますので、笑えるときは遠慮なく笑ってくださいね。そして住田さんご自身のお身体もお大事になさってください。
高田千鶴 | 2017/12/02

住田 さま | 2017/12/04

ありがとうございます。同じ辛い想いをされた、しかも同じやまとと言う名前のチワワを愛した方から想いを分かち合えて、皆さんこんなに辛い気持ちをそれでも毎日毎日日々仕事に打ち込んだり色々な過ごし方をして悲しみを打ち消そうと頑張っておられるのですよね。頭でもう居なくて二度と会えないと分かっているのに、嫌だと叫ぶ自分を閉じ込めて、泣いて泣いて目を腫らしてそれでも苦しくても黙って耐え抜いて亡くなって行ったあの子に顔向けできるよう、前を向いていつか笑えるよう歩き続けますね。自分の人生を。
仕事で毎朝通る山の上に観音像が立っているのですが、やまとはその山に骨を埋めてもらいました。いつもやまと行って来るねと言いたいために。
長々と読んで下さりありがとうございました。

みるくの母 さま | 2016/06/17

やまと君が亡くなってしまったことを知り悲しくて悲しくて仕方ありません。やまと君のママはどんなにかお辛いでしょう。。。言葉もありません。
私も僧房弁閉鎖不全の犬を飼っていてやまと君が手術後元気に過ごしていてくれることが希望の光であるとともに、どうかいつまでもいつまでも長生きしてほしいと思っていました。それはうちの犬の未来の姿にも重なっていました。また、10年ほど前に飼っていた犬は入院中に亡くなってしまい、今でもそれが心残りになっています。これは、経験した人にしか分からない辛さ、無念さだと思います。
でもやまと君のママ、大事な息子さん(やまと君にとっては弟さんのようなものですよね)がいらっしゃいますよね。どうか、息子さんにやまと君の分も重ねてたくさんの愛情を注いで差し上げて下さい。それが、やまと君の為にも一番だと思います。
犬は未来は考えず、今が全てなのだと私の先生がおっしゃっていました。小さなお子さんもそうだと思います。どうか今を大切に、お子さんの為にも前を見て過ごしてくださいますよう、お願いいたします。やまと君、あなたは本当に皆の光です。手術を出来るのだという勇気を与えて下さり本当にありがとう。ずっと感謝していきます。

hisa さま | 2016/12/17

1年9ヵ月前にJASMINEどうぶつ循環器病センターで心臓手術をする前に、ブログを拝見し参考にさせていただいたマロンの母です。その時やまとくんが元気になっていく姿に希望を頂き、手術前後にコメントを書かせていただいた際、励ましていただきありがとうございました。
今日、ブログを拝見して、やまとくんが亡くなったことを知りました。やまとくんが亡くなり、半年以上も過ぎましたが、お寂しい気持ちは変わらないのでしょうね。お心お察し致します。
やまとくんがどれだけ沢山のわんちゃんたちを励まし、希望を持たせてくれたでしょう。やまとくん、本当にありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。
お陰様でマロンは9月に無事10才の誕生日を迎えることができました。

▼ 次のページ

▼ はじめから読む

関連記事