牛絵本コレクション|おうしのアダムがおこりだすと

  • A・リンドグレーン作
  • M・テーンクヴィスト絵
  • 今井冬美訳
  • 金の星社
  • 1997年5月発行
  • 21cm
  • 24ページ

《あらすじ》スウェーデンのある牧場で、めうしや子うしたちと穏やかに過ごしていたおうしのアダム。ある日、静かなイースターの日に突然おこりだしたアダムは、ライオンの様に吠えながら中庭を走り回り、そのめずらしい様子を見ようと近所の人たちが集まってきました。農場の主人もアダムを止められず、みんな困っていましたが、7歳の男の子カッレが優しく話しかけると…。

《おすすめ》「長くつしたのピッピ」の作者として知られるアストリッド・リンドグレーンさんの作品です。動物と子どものふれあいが優しく、楽しく描かれていてキュンとなります。普段の優しいアダムと、おこったアダムの表情の変化もよく表現されていて、柔らかく温かい絵がとても素敵です。

おうしのアダムがおこりだすと

おうしのアダムがおこりだすと

アストリッド リンドグレーン
発売日: 1997/06/01
Amazonの情報を掲載しています

関連記事