牛絵本コレクション|うしはどこでも「モー!」

  • エレン・スラスキー・ワインスティーン 作
  • ケネス・アンダーソン 絵
  • 桂かい枝 訳
  • すずき出版
  • 2008年12月10日発行

《あらすじ》いぬは英語で「バウワウ」スペイン語では「グァウグァウ」日本語では「ワンワン」。世界中の動物たちは、国なんて関係なく同じように鳴いているのに、その鳴き声を人間が表現すると、国によって言い方が様々です。でも、牛はどこへいっても「モー!」と表現されます。

《おすすめ》海外でRAKUGOの公演をたくさんされている「英語落語家」桂かい枝さんの翻訳。「モー!」と言うのが楽しくなる、おもしろい絵本です。

うしはどこでも「モー!」

うしはどこでも「モー!」

エレン・スラスキー ワインスティーン
1,540円(01/18 01:27時点)
発売日: 2008/12/01
Amazonの情報を掲載しています

関連記事