ぼくらのカウボーイ体験記 02 初めてのカウボーイ体験(前編)

「ぼくらのカウボーイ体験記」は、東京都八王子市の磯沼牧場にて「カウボーイカウガールスクール」に通う小学生「だいち」と「けいた」の体験日記です。体験中の子どもたちの言葉などを拾って、息子(だいち)の目線で書き綴っています。

vol.02 初めてのカウボーイ体験(前編)

今日は初めてのカウボーイ体験!ドキドキ…。

朝9時に牧場に着いたら、いつも出迎えてくれる子牛たちが大きな板で隠れてた。夜は寒いから、板で風を避けてるんだって。何度も牧場に来てるのに知らなかった。牛さんたち、大切にされてるんだなって思ったよ。

磯沼さんに会って、一緒にヤギを見にいったよ。この子たちは、いそちゃんとぬまちゃん。春になったらお引っ越しするみたいだけど、飼い主の堀さんが、磯沼牧場で生まれたことを忘れないようにって、この名前をつけたんだって。

寄ってくるのは愛情表現だから、優しく触ってあげると良いんだって。そうやってコミュニケーションをとってるから、ここの動物たちはみんな人懐っこいんだね。

僕らもヤギを撫でてみた。大人しくてかわいい。

でも正直、ヤギのうんちを踏んじゃったから、早く長靴を洗いたくて仕方なかった…。お母さんに言ったら「ママが農業高校生の時は、顔に牛のうんち付けながらお弁当食べてたよ」って笑ってたけど、僕は顔にうんち付いたら死ぬーって思った:;(∩´﹏`∩);:

牛たちは遠くにいた。みんな〜!おはよ〜!

放牧場から下に降りたらカウボーイ仲間と合流して、最初にトリのエサをあげた。引き出しに水とエサが入ってるから、水の箱は洗ってきれいな水を入れてあげるんだ。

トリのエサはさらさらしてた。

ヒツジの水も替えてあげたよ。いろんな動物がいるから、お世話も大変なんだな〜!

水を出してると、牛が覗き込んできてかわいかった。

ちょっと小さい牛たちにエサをあげた。どうぞー!

けいたくん後ろー!危ないー!牛の舌は大きくてザラザラしてて、舐められるとちょっと痛い。

温めた子牛用のミルク。バケツに分けていくよ。

子牛によってあげる量が違うから、どのバケツが何杯って、覚えるのが大変!!一杯…二杯…慎重にやらなくちゃ。

飲んでるところはかわいかった!

終わったらバケツを洗う。水が冷たかった〜〜!!牧場の人たちはこんな仕事を毎日してるんだね。

お昼ご飯をみんなで作るよ。

久しぶりの包丁だから緊張するなぁ。でもなんか楽しい。今度家でもお手伝いしようっと。

野菜を炒めたら、玉ねぎが目にしみたー!お母さんが時々ご飯作りながら泣いてるのはこういうことだったんだ!

さっきのトリさんたちが産んでくれたたまごも入れるよ。大事に食べようって思った。

ベーコンと野菜ときのこたっぷりの玉子炒めが完成!

ご飯と一緒にお皿によそって…

いただきまーす!自分たちで作ったご飯ってなんでこんなに美味しいのかな。僕って天才!?

デザートはドライフルーツが入ったヨーグルト。磯沼さんのヨーグルトはすっごく美味しいんだ。

たくさん食べて、午後の仕事もがんばるぞー!

関連記事