新利根協同農学塾農場(上野牧場)|茨城県稲敷市


春の訪れにスキップする牛さんたち

上野牧場の牛さんたちは冬の間は牛舎で過ごし、春から秋にかけては広い草地に放牧されます。春になり、久しぶりに放牧場へ向かう牛たちはまるでスキップしているかのように嬉しそうに出かけていきます。

朝の搾乳が終わって、久しぶりの外の世界にドキドキの牛さんたち。

いざ、放牧場へ!!!

さっそく跳ねる牛さん♪

久々に会った仲間とのチカラ比べも定番です。

はしゃぎまわる牛さんたちを横目に静かにモグモグ。牛の性格も様々です。

美味しい草をお腹いっぱいいただきます。

クローバーのお花がかわいい^^

夢中で食べる牛さん!近くに寄っても動じません。

首都近郊でこれだけ大きな放牧場はとっても貴重です。

上野さんにそっと近づく牛さん。信頼関係がうかがえます。

ゆっくりと流れる時間がとても心地よい素敵な牧場です。


夜間放牧へ!

初夏になり、暑くなってくると今度は夜間放牧に移行されます。夜の涼しいうちは放牧場で過ごし、昼間は牛舎で過ごします。放牧の風景を見たくて、この日は朝の搾乳前からおじゃまさせていただきました。

夜明けの牛さんたちです。

そろそろ搾乳かなと、上野さんの登場を待つ牛さんたち。

注目される息子。笑

牛の横顔の、キュッと上がった口角が好きです^^

左は2014年におじゃました際に赤ちゃんだった牛。そして右は同じ牛の2018年の姿。目の周りが黒くなっていました。成長が見られるのも嬉しいです^^

全身!柄が特徴的なので覚えていました^^

ギュウギュウになって待つ牛さんたち。

上野さんがやってきて、牛舎に向かうゲートが開かれます。

いそいそと牛舎へ向かう牛さん。

きれいに並んで歩いていきます。

牛たちはいつもの場所を覚えていて、ちゃんと自分のスペースに自ら入っていきます。牛が全員入ったら、まずは掃除と餌やり。動物のお世話は重労働です。。

牛に優しく話しかけながら搾乳する上野さん。数年前に放牧酪農に転換され、「牛が楽しそうに遊んでいる姿を見ていると、自分も幸せになる」と仰る上野さんは、”世界農業ドリームプラン” というプレゼンテーション大会で ”感動大賞” を受賞された、愛情と夢にあふれた素敵な酪農家さんです。

ご長男の匠さん。小さいころから牛と共に暮らし、北海道の帯広畜産大学を卒業し、数年前に就農された若い酪農家さんです。現在は飼料関係や人工授精なども担当し、試行錯誤を繰り返しながら奮闘される姿は、応援せずにはいられませんっっ!


素敵な仲間が集まる牧場

2017年に、牧場の敷地内にできた「新利根チーズ工房」。牧場直営ではなく、上野さんのご友人の西山厚志さんがチーズを製造されています。上野さんの周りには様々なスペシャリストがいらっしゃって、素敵な仲間が集まり、助け合い、支えあう、幸せな牧場です。

新利根チーズ工房は金・土・日・祝の12時30分~16時00分営業。詳しくは「新利根チーズ工房 Facebookページ」をご覧ください。

おまけ。可愛い子ヤギちゃんたちが自由に走り回っていました。(ふれあい体験などはありません)


| 基本情報

新利根協同農学塾農場(上野牧場)
茨城県稲敷市市崎2381
0299-79-2024
http://blog.livedoor.jp/kurumiruku2009/
(上野さんのブログです)

お越しの際に牛が放牧場に出ていれば見学できますが、放牧は春~秋のみで、昼間放牧の期間と、夜間放牧の期間が不定期であるため、放牧風景をゆっくり見学したい方は事前にご相談ください。


※この記事は2013年3月~2020年1月に訪問した際の写真を元に作成しています。最新の情報は牧場のブログ等でご確認ください。

牛絵本コレクション|うしのもーさん

神津牧場|群馬県甘楽郡下仁田町

PAGE TOP