牛絵本コレクション|ちいさなもののやすらぐところ

  • マーティン・ワッデル作
  • ジェイソン・コッククロフト絵
  • おがわひとみ訳
  • 評論社
  • 2004年10月1日発行
  • 大型本
  • 28ページ

《あらすじ》ある寒い冬の夜、宿屋のそばの家畜小屋でおうしが休んでいます。迷い込んできた犬や猫たちを「おはいりなさい」「ここは ちいさなものに よういされた ばしょですから」と、おうしが優しく迎え入れます。やがて、つかれたロバとヨセフとマリアがやってきて…。

《おすすめ》キリスト誕生の物語です。落ち着いた色合いで描かれた絵がとても美しく、おうしの表情がすごく柔らかくて、おうしの優しさと牛小屋のぬくもりにふれ、自分よりさらに小さい動物に優しい言葉をかける動物たち。全てが温かく優しいです。

関連記事