フラワーステーションファーム(花房牧場)|兵庫県加古川市

2016年5月に離農されました。駅からすぐで牛と触れ合える貴重な牧場でしたので、すごくすごくさみしいですが、この場所に素敵な牧場があったという大切な記録として、ご紹介したいと思います。また花房さんは他の牧場に所属されながら、酪農教育ファームなどを精力的にご活動されています。今後もますますのご活躍を心よりお祈りしております!

フラワーステーションファームのお名前は花房のフラワーと、駅のすぐ近くという意味でのステーションを併せられたそうです。素敵なお名前ですね^^
牧場ではとっても穏やかな牛たちが迎えてくれました。

子どもにも優しい牛さんです^^

生まれて数日の子牛ちゃん。おでこの柄がハートのようですね!

同じく生後間もない子牛ちゃん。この子もおでこがハートのようです^^

外は寒いけれど、子牛ちゃんたちの個室は暖房完備でした!あったかくて幸せですね。

牧場主の花房亨一郎さん。私の母校、大阪府立農芸高校とも交流があり、農芸高校で酪農教育ファームについての講習などもされていらっしゃいます。

「牛は家を選べないから、できる限り良い環境にしてあげたい」という言葉が印象的で、そのお言葉通り、端々に牛たちへの気配りが感じられ、牛たちの人懐っこさが、大切にされていることを物語っていました。

線路わきにある乾乳スペースは広々していて、出産を控えた牛たちがのんびりと過ごしていました。

駅のすぐ近くということもあり、小学生がよく見学に来ていたそうで、鉄パイプの先に古いミルカー(ゴム製)を付けて、ケガ防止策をされていました。これ、素敵なアイデアですね^^

「電車と牛が一緒に撮れるよ」と教えていただいたので待ってみる。。

・・・

・・・

通りすぎた〜っっっ

またしばらく待って、なんとか撮れました。牛さん、じっとしててくれてありがとう^^

大きい牛も小さい牛もみんな穏やか。優しさ溢れる牧場です。

花房さんのお母さん。趣味で革小物をつくられています。お母さんが現役の頃は搾乳が全部手しぼりで、時間に追われる生活だったため、ゆっくり自分のペースで出来る革づくりが、今、すごく楽しいのだそうです。息子にもとっても優しく接してくださいました。

農芸高校の牛部メンバーでおじゃまさせていただきました。居心地が良すぎて長居してしまった私たち。。

とても愛らしい牛さんの手作りキーケースと、ぶどうの眼鏡ケースをいただきました。牛たちが家に向かっているところが温かくて素敵です。大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

フラワーステーションファーム(花房牧場)
兵庫県加古川市
(離農されています)

※この記事は2015年3月に訪問した際の写真を元に作成しています。

新型コロナウィルスの感染症対策として、体験等は中止されている場合があります。人数や時間など制限されている可能性もありますので、必ず事前に牧場の公式ホームページなどをご確認ください。1日も早くコロナがおさまり、皆さまが安心して牧場体験を楽しめますよう、心より願っています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。