犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 29| 1か月経って

先代の愛犬やまと(チワワ)の犬僧帽弁閉鎖不全症の手術闘病日記です。旧ブログに綴っていた内容ですが、今でも多くの方が読んでくださっているようで、ありがとうございます。旧ブログは現在更新していないため、検索対策として、改めてこちらにまとめますので、ご覧いただければと思います。
※この記事は2016.06.07の日記を元に加筆修正しています。


やまとが旅立ってから1か月が経ちました。

時間が癒してくれるのかと思っていたけれど、時が経つにつれ現実感が増して、
ふとしたことで思い出しては泣いて、やっぱりまだまだつらいです。

だけどこの一か月、やまとが亡くなったその日からご近所さんや友人からたくさんのお花やお手紙などをいただいて、やまとの周りが常にお花でいっぱいになっています。やまとがみんなに愛されていたことを実感して嬉しく思います。

ひまわりのプリザーブドは高校の友達が大阪から送ってくれました。

JASMINEどうぶつ循環器病センターの高野先生からも、お花と、ご丁寧なお手紙をいただきました。やまとが亡くなる日の朝、海外出張から戻ってこられてすぐ、心配して、お電話をくださいました。そのときはまだ、退院できると信じていたので脳腫瘍についての今後の治療方針について、高野先生とも相談しながら慎重に考えていきたいと思いますと、「よろしくお願いします」と、前向きな気持ちでお話をしていました。

その後、16時からの面会時間に合わせて埼玉動物医療センターへ向かっている途中で、心臓が止まったことを告げられました。医療センターの先生からは「お力になれずすみませんでした」と何度も頭を下げられました。

あのときもし、ああしていたら・・と、たらればを思うこともありますが、どの病院の先生方も真剣に考えてくださったと、感謝しています。

もう何もしてあげられることがないけれど、せめてやまとの周りを綺麗に飾ってあげようと。そうすることで少しだけ気持ちが落ち着く気がします。息子も自分から手を合わせたりしてくれます。

やまとの写真を飾って、やっぱり、こんなに笑顔の似合う子は他にいないなと、ずっと、変わらず親ばかでいたいと思います。

連載|牛とおっちゃん vol.05|五十川 充博さん

犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 30| たくさんの希望の光

関連記事

  1. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 09|術後3日…

    息子を実家に預けて、主人とふたりで面会へ。受付を済ませてロビーで手の消毒をし…

  2. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 17|術後12…

    待ちに待っていたサークルが届きました。折りたたみも出来るメッシュサークル。持…

  3. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 02|手術当日…

    手術当日、麻酔をかけて全身を視診していた際に、口を開けると、口の奥の方、喉に…

  4. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 28| やまと…

    5月18日。愛犬やまとの誕生日です。本来なら、今日で14歳になる予定でしたが…

  5. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 30| たくさ…

    先代の愛犬やまと(チワワ)の犬僧帽弁閉鎖不全症の手術闘病日記です。旧ブログ…

  6. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 03|腫瘍の結…

    病院から電話が来ました。腫瘍は良性とのことでした。先生の仰ったとおり扁桃腺の…

  7. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 10|術後4日…

    この日はやまとの大大大好きなお友だちがお見舞いに来てくださいました!やまとを…

  8. 犬僧帽弁閉鎖不全症 手術闘病記録 18|術後14…

    やまとの抜糸をしてきました。絆創膏が剥がれていなかったので、かかりつけの先生…

PAGE TOP